指導者たちと、音楽家たちの時代遅れ

ライン@、始めました。岩崎ひろきによる、クワイアに関すること、声に関すること。最新情報をお届けします。下記画像をクリックしたら簡単に登録できます。ぜひ。

 

—–

マーケッターたちがよく言うらしいんだけど、「これからの時代は情報に価値がなくなり、体験に皆お金を払うようになる」って。音楽業界もこれは一緒で、情報(音源)にはみんなお金を払わないでしょう。なんでもyoutubeで無料で聴ける。だけど、フェスには行く。そこそこのお金を払って。フェスこそ音楽体験の極みだからね。

これ、ボイストレーニング業界も全く一緒。もう、どんな優れたボイストレーニング情報にも、価値がない。価値がないって言うと語弊があるけど、もうそれだけじゃお金を払わない。なんでかって、そこそこの情報が、youtubeや、ブログで、無料でうまく拾えてしまうから。

僕はこの1年間の「フースラーブーム」でそれを確信した。ボイトレオタクたちが、フースラーに目を向けると、解剖学的な知識、それから芸能学的な知識をどんどんと吸収していく。そこらへんのボイストレーナーじゃ叶わないくらい、発声を学術的に捉えられるボイトレオタクが、twitterにゴロゴロいる。誰に習ってるの?と聞くと「独学です!」とか答えてくる。

だから、もう、誰でも、優れたボイストレーニング情報をある程度たやすく手に入れられる。そういうフェーズに突入した。

もしボイストレーナーたちが「もっと優れた指導メソッドを探さないと、ご飯が食えない」と慌てているなら、見当はずれ、ということになる。もはや、みんな優れている。生徒たちも、アマチュアとは思えないほどの情報を、無料で手に入れられる。ご飯を食うために、何かしようというなら、メソッドを追いかけても、もう、本当に無駄なのだ。

「私のメソッドを勝手に拡散するな、これを構築するのに何十年かかったと思ってるんだ!」って思っている先生方もいそうだけど、でも、時代には逆らえない。構築するのに30年かかったメソッドも、今の時代じゃ、1年であっという間に拡散されて、1年の間に、うまくコピーする人間がどんどん増えてくる。すごい時代だ。どう乗りこなすか、考えてかないと、時代に食われてしまう。音楽家も、ボイストレーナーたちも、時代遅れになってしまう。