岩崎ひろき、今度こそ本当に灰になる

もう今日は、朝からぐったりで、コレは本当に灰になってしまったのかも。

でもいいか、とも思う。とりあえずここで一区切りしたような気持ちだ。ウーヌスが終わったからだ。

….


過去最高の「ウーヌス」ワークショップだったかもしれない。

空間デザインの福嶋慶太の装飾は相変わらずに、良い。

MUSICASAという場所も相性がバッチリだった。

ピアノはベーゼンドルファー。

歌う。

ゲラゲラ笑いつつ

歌う。歌う歌う。

それも、どこまでもピュアに。

動画を。

壮絶な音になった。

….

昨日も言ったのだが、寂しくなったら来て欲しい、と真剣に思う。僕がやっていることはワークショップだ。クワイア運営じゃない。クワイア運営は僕にはできない。僕にできるのは、「行きつけ飲み屋のマスター」みたいなもんだ。

ゆるく、いつも迎えてあげること。でもワクワクさせるよ、流動的ないつものメンバーもきっと味方するよ,,,

そういうコーラスのあり方があっていいのだと思う。行きつけの飲み屋みたいに、いつも変わらずにコーラスをやっていきたい。ゆるい、テキトーなつながりだから、喧嘩して解散することもない。

だから、繰り返すけど、寂しくなったら来て欲しい。無心に夢中で歌える場所。そういう空間をいつも用意しておくよ。

….

はあ、もっとウーヌスとウーラスに浸ってたいなあと思うんだけど、あんまり浸ってる暇がない。あんまりよかったよかったって言ってるとそれよりいいものが生み出せなくなる気がするし。

8月は福岡。

7月末に、仙台か、関西か行っちゃおうって思ってる。人、集まるかなあ。