プロフィール

岩崎ひろき

音楽家、クワイアディレクター。国内のいわゆる黒人教会における礼拝ピアニストとしても経験多。明治大学商学部卒業。

学生時代よりプロゴスペルグループに所属し、有名ホテルや大規模ライブハウスでの依頼公演の経験を積む。卒業後は米軍基地内でゴスペル礼拝に参加し、ピアニストとして活動を始める。

その後、米国ボイストレーニング研究機関において難関テストをパスし公認ライセンスを取得。

2016年、17年にはアメリカはアリゾナにて、本物の人体を用いての解剖実習に参加。自らの手でスカルペル(メス)を握り、解剖を進める中、発声に関与するありとあらゆる器官、声帯、喉頭(のど)筋群、横隔膜などを手で触れる。

クワイア向けへのワークショップは東京のみならず、関東全域、関西、東北、九州などで展開。人気セミナー&WS「ゴスペル歌いよ喉とからだを使いこなせWS」は、関東では3日で70席満席、関西では100席が1週間で満席となった。クワイア発声指導の専門家として呼び名が高い。現在は8つのゴスペルグループ、クラスを指導。