マスクワイア、オーディション開始します。

※専用のウェブサイトを作りました。

●はじめに

岩崎です。

さあ、やります!

「岩崎マスクワイア」のメンバーを募集します!たくさんメッセージをいただき、ありがとうございました。

(量が多いため一人一人お返事はしていません。すみません。)

そして、大変僭越ですが、オーディションをさせていただきます!

アマチュア、セミプロ、プロの方、ディレクターの方もどうぞご参加ください。また、オーディションはゆるくやっちゃうと良くないので、せっかくなのできっちり、公平にやらせてください。

※必ず最後までお読みになってください!

※オーディションに関して、ラインでの質問はお答えできません。

●クワイア詳細

  • 土曜の夜 月4回 18−21時(予定)
  • リハーサルは新宿の予定
  • 7月(8月になる可能性もあります)からスタート予定
  • 3パート 各10人募集
  • 参加費 月10,000円(その他、コンサート出演時や衣装代などで別途かかる場合があります
  • 12月にライブを予定
  • 12月で解散します。活動期間は2023 7-12月の間です。

●応募資格

年齢、性別、宗教問いません。

アマチュアからプロの方、ディレクターの方も参加可能です。

●選考基準

歌唱力を優先します。

  • 音域
  • 声量
  • 発音
  • リズム
  • 体の使い方

以上を重視します。ゴスペル経験は問いません。

●オーディション参加にあたって

※重要です。厳守してください※ 

  1. 「オーディションに落ちることでひどく落ち込む可能性がある方」はご参加をお断りします。
  2. オーディションに参加すること自体を楽しめる方のみご参加ください。
  3. このクワイアに参加することで既に参加している別のクワイアを辞めたり、練習に行かなくなったり、他のクワイアに悪影響が出ないように心がけてください。
  4. ディレクターや運営方針に意見をすることはできません。
  5. 最低、月3回以上リハーサルに参加してください。可能であれば4回全てリハーサルに参加することを望みます。

●オーディション参加方法

2次審査まであります。

・1次 音源審査

→「英語の曲」を歌って、その曲をyoutubeリンクで送ってください。

こちらのフォームから申し込んでください。

募集フォーム

締め切りなし。随時募集します。

 

・2次対面審査

1次を通過した方のみが参加できます。

以下の日程でやります。どちらかに参加していただきます。

  • 6/4 SUN 13:00-18:00
  • 6/10 SUT16:00-22:00

※上記の時間内のうち、15分ほどでオーディションを行います。

※日程を追加する可能性があります。

※場所はメールで通達します。

●合否

一次審査

→合格した方にのみ一週間から二週間ほどで通達いたします。

二次審査

→全員に二週間ほどで通達いたします。

●中止

メンバーが十分に集まらない場合はクワイアそのものを中止にいたします。

その場合はメールにて通達します。


以上、長々と難しいことを書きましたが、何卒、よろしくお願いします!

ゴスペルをやったことがない人、ゴスペルをもっとしっかりやりたい人、歌う場所を探していた人。どしどし、応募してください。お会いできるのを心から楽しみにしています。

岩崎ひろき

「岩崎のマスクワイア」がやりたい2

岩崎です。

今日は、単刀直入に。

「ぼくの」、大きめのクワイアがやりたいなと思ってます。

あれこれ妄想しています。

※たくさんお返事いただいたのですが、お一人ずつにお返事できていません!

考えてること

  • 30人くらいで
  • 東京
  • 夏前から、冬まで / 半年間のみ笑
  • 月4回のリハ  /  月3は参加できる人で
  • 参加費  月1万円
  • 土曜 夜

レベル

中級者以上の方で。中級者ていうのは、

  • 音がとれて1人でも自分のパートをしっかり歌える
  • 指摘されて受け止められる
  • 動ける / 「クラシック出身なのでゴスペルのクラップやムーブに対応できません」とかはごめんなさい
  • 今年の12/16-17のイベントに参加できる

レベルは、初学者は…ごめんなさい。

オーディションと言うほどじゃないですが、レベルを確認するために音源を事前に送ってもらう形で、音源審査あり。

でもそうしないと、「中級者以上で本気で音楽やりたい」人の場所がないんだよね。今回はそこに向けて、やりたい。


思えば、「ぼくのクワイア」というのは初めてかもしれません。

変だなと思った人もいるかもしれない。今までたくさん指導してきたから。でも、どのグループにもリーダーさんがいて、そこに僕を呼んでいただく形でクワイア音楽をやってきました。

今回は、運営も、ディレクションも、僕がやる形で。

なんとなく、もうクワイア名も決めてます。

面白そうだなと思ったら、リアクションください。人が集まらなかったら、やりません。やれません笑。でも、実現したいなあ。この条件でやりたい人がいるかどうか、わからないんだけど。月4回、とか言ってるし。でも、「最低そのくらいやらないとわからないもの」はあるよ。どのグループにも言ってるけど、「月に1、2回集まって歌うくらいで音楽が良くなるわけないでしょう」です。燃えるような奴がやりたいよ。僕は。

マスクワイアをやりたい

岩崎ひろきです。ご無沙汰しております。1ヶ月ぶりのブログとなります。今年はちょいちょい、書いていくよ、ブログを。

まず一つ。ブログにタイトルなんぞつけました。なんか名前つけておくとやる気が出るかななんて思いまして、安易に、つけてしまいました。特に深い意味はないので、放っておいてくださいませ。

GOSPEL SQUADとマスクワイア

次。昨年末に開催した「GOSPEL SQUAD」について。

今年もやります。で、なんと、2days抑えてしまいました。会場を。12/16-17、です。

岩崎まわりでゴスペルを歌うあなた、スケジュールに書き込んでおいてくださいね。12/16、17です。この日にGOSPEL SQUADを行います。GOSPEL SQUADッテナニ、と思ってるあなた、シンプルです、岩崎が主催するゴスペルフェスです。

バンドをどうするか、とか、またいろんなことが決まっていないのだけれど、とにかく日付だけ確定しました。よろしく。

イベントに向けて、マスクワイアをやりたいなあと思ってる。

なんだか世の中的には「パンデミック」というのは終わりにしていくみたい。「COVID-19もおさまってきたからね」と言う人もいるけれど、感染している人の数を見れば、何にも収まってないと思う笑。でも終わりにするんだね、このパンデミックは。不思議だ、本当に。ルールがわからん。

まあいいのです、とにかく、また普通に歌っていい世の中になりつつある。この数年間はもうとにかく人目を憚ってゴスペルをやってきました。アングラゴスペルミュージシャンになってしまいました。いや、本来ゴスペルってアングラだから、あれでよかったのかもしれないなとか、余計なことを思いつつ。

話がそれましたが、マスクワイア、をやりたい。大勢で、歌いたい。大勢で歌っていいんだったら、大勢でやりたい。しばらくなかった、あの、あれ、ほとばしるようなやつを、やりたい。

それも結構ガチンコでやりたい。30名くらいで、半年くらいはしっかり練習して、やりたい。イベントが終わったら解散前提で。そういう短期期間の情熱的なやつ。募集するから、チェックしておいてね。このブログを!

GOSPEL COLLEGE

本日は告知を最後に。5月にHAPPY MUSICさんが主催しているGOSPEL COLLEGEでワークショップをやります。

 

僕のことをボイストレーナーとしてしか知らない人、どうぞご参加ください。僕のゴスペルワークショップに参加したい人は、僕のことをボイストレーナーとしてではなくゴスペルアーティスト/ディレクターとしてのみ認識してくれます。とにかく、どーぞどーぞ、歌いにきて。

詳細こちら。

2022-2023、GOSPEL SQUAD

2023年になってしまった。

今年はブログを書こうと思う。毎日,,,は無理だが、一週間に一度ほど記してみようかしら。というのも、昔の生徒から連絡があったから,,,僕の生徒に対して。

SNSばかりで自分の活動を報告するので、しかも、それがfacebook。facebookなんて、やってない人からしたら閉じた活動だものね。だから、連絡方法が分からなくて、わざわざ僕の生徒に対して、僕に対する問い合わせがあったみたい。

更新のないブログなんて、生きてるかどうかわからないので、そりゃあ連絡もいかないよね。なので、書きましょう、ブログ。

GOSPEL SQUAD

年末に、クローズドで、ゴスペルイベントをした。でもこれクローズドっていうのかな。逆にオープンドって何を指すのだろう。会場のキャパがあるので、「知り合いのクワイアだけでやる」という形をとった。お客さんは、呼びたい人だけ呼んでいいよ、というスタイル。

結論から言うと、なんだかうまくいった。

計8チームによるゴスペルフェスだ。埼玉、東京、新潟まで。

感染症対策については特別な処置を設けず、マスクに関しても「任意で」とした。したかったらしてもらって構わないし、したくないのなら、まあそれも、どうぞ。

この辺のこと、もう少し時が過ぎたら書きたいことが個人的にはたくさんある。あまり書くと議論になりそうで嫌だし(「分かち合えない議論」になるから,,,)、まあほどほどに、とは思うが。もう少し時が過ぎたら、はい。書きたい。


それにしても、この、円形のホールで、そして客席とステージの段差がない、このフラットな空間で、歌われるゴスペルはどうしてこうもいいのだろう。

最後は、永田雄大さんと、小山章さんもsit in。Jesus is the answer歌った。VOJA出身の人はみんなこの曲得意なのかしら。

あの空間は、右も左もない、上下もない、ただひたすらに音楽があった。一体感 とか、そういう言葉で片付けたくない、アンタッチャブルな音楽があった。それが良かった。そうだ、これだとも思った。これがやりたかったし、これが奪われかけていたものだ、と思う。それはGospel Worship Serviceだし、お祭り、だし。

良かった。多分2023も、やる。もっと輪を大きくしたい。大きくしたい、というかつなぎたい。

GOSPEL SQUAD2022、参加ディレクターは岩崎ひろき、塚本タカセ、腰知典、井口サトミ。繋がれ、2023に。もっと先に。

LEGEとライブをやります。

ライブをやります。

ああ、いけない、いきなり宣伝から入るのもなんだか失礼な気がしてきますね。とは言いつつ、とても大事なライブでございます。記事の最後に載っけました。ぜひ最後まで読んでいただいてですね、ズバリ、ライブにお越しください。とても大事なライブであります。

✂︎

まずはご報告から。2022年度も5月に入り、つまりですね、「鍼灸学生」をやっております。これがまあ、なんとも刺激的な毎日でして。刺激的とか言うと、少しカッコつけた気がしますけども。はっきり言いますと、「勉強がマジできつい」です。

ちょうど今日学校の先生と話しましたけども、「一年が一番きついかもね」とな。まだ授業も始まって5、6回程度ですが、覚えなくてはいけない量が、もうもう、容赦がありません。てんてこまい、としか言いようがありません。


こちらうちのガッコです。バレてしまうな。

学校の授業を受けて、そのまま電車でゴスペルチームの指導に向かいます。そのあとは阿佐ヶ谷に戻り、個人レッスン。移動の合間もノートを見て勉強勉強。ヘトヘトになって、家に着くと爆睡。朝は6時には起きて、毎朝1時間は勉強することにしました。休みの日も早く起きて勉強。とにかく暇さえあればもうやるしかない。

何やってんだろう、俺、とか思いつつ、これを望んでいたのだよな、とも同時に。そー、勉強したかったのです。ずっと勉強していく人生にするぞと、パンデミックが決心させてくれました。

✂︎

クラスメイトの層は、18歳から50overの方まで。これも、僕にはとっても楽しい環境です。クラスメイトがどうだ、とか、そんなこと考えてる暇なんかないくらい勉強に集中しなきゃいけないのだけど、まあいいんです。

だって、人と話すの楽しいから。

18歳の女の子たちとの会話はかなり面白い。

あの子達、「反射で会話」しています。取り止めもなく、高速で、なんでもない会話をぽんぽんぽんと。不思議な感覚だなあ、でも何かある種の心地よさがあるなあなんて思っていたものですが、どうやら音楽に似てるんですよね。

「音楽みたいな会話」。しばらくしていなかった気がします。

いつから、僕たちは、モノを考えて、俯瞰して、言葉を発するようになったんでしょうね。それが大人というものかしら。

(なんて話を大人の女性陣が集まるゴスペルグループで話したら「先生、私たちは今も反射的に、音楽的に会話してるわよ!」とのこと。あ、女性ってそういうものなの?)

こうして書いていると、「ああ岩崎さんは転職したのね?」て思われてしまいそうですが、(あ、思わない?)もちろんそういうわけでもなく。音楽家として、音楽教育者としても、しっかり脳みそは使っています。絵を描く時間はごっそり減ってしまったけど。

良い音楽仲間ができまして、それは前のブログでも書きましたね。阿佐ヶ谷で、プロ歌手だけでゴスペルを、コーラスをやっています。

週に一度、集まって、歌っています。でも、「ゴスペルグループ」ではないと思います。だって、集まって歌っているだけだから。真面目に練習してるというより、面白いことをしているだけ。お互いのいいところを、なんとなく、ぼんやり、影響を受けていく。

なんかこうして集まるとすぐ「グループ」にして「チーム」にして「でかいこと」やりたくなるんですけれどね、人間だから。すけべ心みたいなものが出るんですが。僕たちに必要なのは、場所と、理由もなく歌う仲間だったような気がします。

✂︎

で、やっと本題。ここまで読んでくれて無かったらどうしよう、心配。まあいいか。きっと僕を応援してくださっているあなたなら、最後まで読んでくださったはず。

LEGEとライブをやります。

ライブをやります。「LEGE(レジェ)」とのデュオライブです。

LEGEは阿佐ヶ谷で歌う仲間の1人で、有名人です。日本生命のCMの歌と歌詞を担当している、この声の方。

もう6、7年前から、あれもっと前か?お互いに名前は知っていたのですが、やっと去年の暮れに会いました。話したらやけに意気投合しまして。一緒に音楽をするようになりました。

デュオライブをするとなってから始めた2人のリハは、なんて言ったらいいか、「初めて」の感覚です。人と音楽をしていて、こういう気持ちになったのは初めてで、この感情にまだ名前がついていない感じ。ただただ、心臓が高なって、指が震えて、曲が終わると、2人で笑ってしまいます。すごいね、すごいね、と、こんなことあるんだねと。

こんなことあるんだね、って音楽の感想としては意味がわからないと思うんですけど、もうそうとしか言いようがないのです。

ライブ、お越しください。僕が告知ブログ書くの遅れたせいで、もう半分くらい埋まってしまったらしいのですが、まだいけます。

では、最後にLEGEが書いてくれた告知分で失礼いたします。

✂︎

7/1 「細胞内サミット」

7月1日(金)@下北沢 音倉
Open 19:00
Start 19:30
mc/4000yen+1D(500yen)
-レジェ崎大貴プレゼンツ-
【細胞内サミット】
言葉も姿形も忘れてしまうけれど、
一度胸に刺さったあの音は、幾千年を超えても我々の細胞に刻まれているのだ。
夏の日の夜、
奇才岩崎ひろきと、音の器LEGE が織りなす細胞内バラードで体内の奇跡の音流しを体験する事となるでしょう。
限定30席。
ご予約はDMにてお待ちしています。
コムカフェ音倉
下北沢駅より徒歩2分
予約は、DMでも、ラインでも結構です。フルネームでお名前をくださいね。
岩崎ひろき